アルツハイマー病治療最前線 Ⅰ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルツハイマー病の臨床試験進行中薬

Ⅰ. 発症前及び初期に有効な薬

アルツハイマー病でも書きましたが、脳細胞の活動の結果作られてしまうゴミのような存在であるβタンパクが貯まるとやがてβアミロイドになります。

それが蓄積されることが発病の原因と言われています。

バピネオズマブ    会社名(米系 ワイス)

 

時系列   

βタンパクが集まる ⇒ βアミロイドになる の時に有効

◆ 日本で第1相の治験中

病気の原因であるβアミロイドに対する抗体です。

原因にアプローチをするので症状の進行を食い止める可能性があり、大きな期待がされています。

ソラネズマブ     会社名(日本イーライリリー)

 

時系列    

βアミロイドになる ⇒ βアミロイドが沈着

の時に有効

◆ 日本で第3相の治験中

βアミロイドの蓄積を防いだり、量を減らすことで脳細胞の死滅を防ぐ効果が期待されています。

ロシグリタゾン    会社名(グラクソ・スミスクライン)

 

時系列    

老人班の形成 ⇒ タウタンパクが蓄積して「神経原線維変化」が起こる ⇒ シナプスにダメージ  の時に有効

◆ 日本とアメリカで第2相の治験中

糖尿病薬をアルツハイマー病に応用する薬です。

脳のブドウ糖の吸収を助け、脳に起こる炎症を抑える効果が期待されています。

塩酸メマンチン    会社名(第一三共)

 

時系列

シナプスにダメージ ⇒ 線形細胞変性・消失  の時に有効

◆ 日本では承認申請中

神経細胞を保護して壊れるのを防ぐ認知症治療薬です。

症状が進行したケースで塩酸ドネペジルとの併用が有効だった報告が米国にあり、併用療法で中等度や重度のアルツハイマー病にも希望が持てる薬です。

臭化水素酸ガランタミン    会社名(ヤンセンファーマ)

 

時系列

シナプスにダメージ ⇒ 線形細胞変性・消失  の時に有効 (塩酸メマンチンと同じ)

◆ 日本では承認申請中

天然物質から得られた誘導体です。

塩酸ドネペジルと同様の働きをするだでなく、脳内のアセチルコリンを生み出す働きもあります。

欧米の臨床試験では1年間病状を悪化させなかったとの報告があります。

リバスチグミン     会社名(ノパルティスファーマ / 小野薬品工業)

 

時系列

シナプスにダメージ ⇒ 線形細胞変性・消失  の時に有効 (塩酸メマンチン・臭化水素酸ガランタミンと同じ)

◆ 日本で貼り薬の承認申請中

酸化ドネペジルと同程度のアルツハイマー病に対する進行抑制効果が見られています。

日本では現在アセチルコリン分解抑制の副作用を減らすため、パッチ製剤による治験中です。

副作用がないアルツハイマー病薬として期待されています。

 

治験

第1相   健康な人を対象に、薬の安全性や吸収・排泄などを調べます。

第2相   少数の患者を対象に、薬の用法や用量などを調べます。

第3相   大勢の患者を対象に、薬の効果や有害事項などを効果のない薬との対比で調べます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする